永楽 善五郎えいらく ぜんごろう

陶芸作家

永楽家は、奈良土風呂師の西村善五郎の家系で、10代善五郎から、陶芸に転じます。11代保全が紀州徳川家から「永楽」印を受け賜り、12代で改姓します。
千家十職の土風呂・焼物師として、17代を数えます。当代となる17代は16台即全の長男です。東京美術大学・大学院と進み、陶芸の道へ入ります。
大学では日本画を学んでいたこともあり、画才を活かした絵付・染付の作品からスタートします。金襴手を使った華やかな作品から、「幽玄」「あはれ」の理念を取り込んだ力強い表現の作品を作陶、現在も挑み続けています。

永楽 善五郎 略歴

194416台即全の長男として産まれる

1967東京美術大学卒業・大学院へ進む

199817代目永楽善五郎を襲名

  • Instagramの社会のアイコン
  • 茶道具・甘味処 香月苑
  • 茶道具・甘味処 香月苑
PicsArt_05-02-08.13.33.jpg
PicsArt_05-02-08.08.20.jpg
Screenshot_20210315-114541_OneDrive.jpg
  茶道具・甘味処
                香 月 苑
   〒990-0042
      山形県 山形市 七日町2-5-5
     tel/fax 023-622-0254
 mail iwabuchi1980@outlook.jp

茶道具売却のご相談、お探しの茶道具ございましたらお気軽にご連絡ください

​ 茶道具・甘味処

 香 月 苑

〒990-0042 山形県 山形市 七日町2-5-5